フリーローンと目的別ローンの違いは?

フリーローン

ローン商品には融資されたお金の使用目的を問わないフリーローンと、最初から利用目的を限定して融資を行う目的別ローンがあります。目的別ローンで有名なのは住宅ローンや自動車ローンなどですね。これらは住宅や自動車の取得にかかる費用を融資してもらうローンで、確かに住宅や自動車を取得したことを証明しなければなりません。

 

フリーローンの場合は利用目的を明確にする必要がありません

目的別ローンのような手続きの煩わしさは少なくなっています。では手続きの利便性の為に目的別ローンではなくてフリーローンを使えば良いかというと、そうとは言えません。
フリーローンと目的別ローンでは、一般的に目的別ローンの方が金利が安くなっているのです。その為同じ金額を借りた場合、フリーローンよりも目的別ローンの方が総返済額は少なくて済みます。

 

融資額にも差があるのがフリーローンと目的別ローン

フリーローンは小口融資である場合が多く、反対に目的別ローンは大口になっているケースが多いです。
そして実際のお金の流れにも違いがあり、フリーローンの場合は目的を問わないという性質から、利用者に直接お金が渡ることになります。それに対して目的別ローンの場合、住宅ローンであれば住宅の販売会社に、自動車ローンであれば自動車販売会社にお金が支払われるのが一般的です。その為ローンの利用者が実際に融資されたお金を目にすることはなく、利用者の頭上を素通りしていく形がほとんどです。

フリーローンおすすめサイト集

キャッシング
フリーローン・カードローン・キャッシング借り入れのことならこちらのキャッシングサイトをチェック

 

カードローン
使い道自由なカードローンをお得に使いこなすにはまずこのサイトをチェック!

 

消費者金融ランキング
条件別の消費者金融比較は必見


このページの先頭へ戻る